HOME | 実際問題、県立の通信制高校って夢追える?

実際問題、県立の通信制高校って夢追える?

2016年4月25日 |

県立の通信制で夢を追うには!?

まず、結論から言わせてもらいますと県立の通信制高校でも夢を追うことは可能です。ただ、県立の通信制で夢を追うには、基本的に自分で調べ、自分で考え、自分で決断するという形の傾向が強くなります。何当たり前のこと言ってんだ?と思うかもしれないですがこれは思っているよりも頭を使います。県立の通信制高校では基本的に教師はサポートに徹しています。といっても相談したらなんとかんるんじゃない?とお思いかもしれないですが、教師だって万能ではありませんし、なんだって知っているわけではありません。相談してもそこまで役に立てない事の方が多いです。なので、自分が何になりたいかをはっきりと決め、なりたいものになるためにどういった人生の歩み方で進むのか数多くの選択肢の中から一つ選び、なりたいものになるためにはどういった努力が必要かを考え、計画し、実行する。これが県立の通信制高校での夢の追い方です。あまり気負いすぎず頑張ってください。

そもそもなりたいものを決められない!!という方へ

そんなときは現実的に考えて、今からの人生で小さな確率でもいいのでなれる可能性があるものを紙にでも書いていきましょう。ですが現実的に考えて不可能なものは省きましょう。極端な例えですが70歳無学の人が突然プログラマーになるといっても現実的に不可能です。その人にすごいコネと人並み外れた脳力や既に莫大なITの知識をお持ちなら可能なのかもしれませんが、一般的な人なら不可能といいきれてしまいます。このようなものは除外し、全て書き終えた職業の中からこれは嫌だ、という風に引き算方式で一つずつ消していき最後に残ったものにします。最後のいくつかで決められないという場合で職業の方面が大雑把でも同じなら、ひとまずその方面にする!と決めればいいです。それでも迷ったりすると思いますが焦らず情報を集め考え決めていけば必ずみつかります。

夢を追うにあたって通信制のメリット、デメリットは?

デメリットから紹介します。一同じ夢を持つ友達と出会う確率がほぼ0。何故かと言うと県立の通信制高校は圧倒的に入学がしやすい、それに比べ友達が作れるようなイベントや空気ではありません。クラスも友好を深めるためというより、管理をしやすくするため、という側面の方が強いです。同じ夢を持つ友達がいれば夢を語り合ったり競い合ったりできますが県立の通信制でそれができる可能性は現実的に低いですね。二進路や就職を決めるのが他より不利。これは想像がつくと思いますが、他校に比べると求人や指定校推薦の数は少ないです。三自学自習だから数学などの理解は努力が必要。次はメリットを紹介します。一時間が多い。これは通信制では基本的に単位制が多く、その場合出席の回数も多くて周3ほど。レポート(宿題)は家でやらなければならないですが実際、教科書から答えを写すだけですので楽です。はっきり言ってこれはとても大きなメリットだなと自分は思います。自分のために使える時間が他より圧倒的に多くなるからです。以上がメリット、デメリットの紹介です。ここまで長々と書きましたがこれはすべて自分の見解です。皆さんの夢が叶う事を願っております

通信制高校はレポート提出や面接指導・テストなどを通して学ぶ事が出来、高校卒業資格を取得する事が出来ます。最近ではインターネットを通じての学習法も取入れられており、自分のペースで学ぶ事が可能です。

Comments are closed.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー





Copyright @ 2016 Must Keep Up .All Rights Reserved.