HOME | 社会保険労務士は労働問題のプロフェッショナル!

社会保険労務士は労働問題のプロフェッショナル!

2016年5月26日 |

社会保険労務士とは何をする人だろう?

社会保険労務士、いわゆる社労士は、労働問題や社会保険に関するプロです。資格試験を受けて合格することで、その資格を得ることができます。独立して働くこともできますし、企業と契約して仕事を得ることもできます。その主な役割は、人が企業に採用されてから退職するまでの、様々な労働問題や、退職後の年金に関する相談に載ること、つまりコンサルティング業務です。ですので、社会保険労務士は就労者の心強い味方であると言えます。

社会保険労務士として働くメリット

社会保険労務士になるには資格が必要ですし、コンサルティング業務は楽な仕事ではありません。しかし、問題を解決に導けば、相談者から感謝されるという点で、大変やりがいのある仕事です。雇用問題の相談や年金相談などは常にあり、安定した収入が見込める職種でもあります。資格は、国家資格で、一度取得すれば更新の必要もなく、一生使えます。とは言っても、労働トラブルの内容などは、年々変化していくものですので、常に学んでいく姿勢が必要でしょう。

就業規則に関する相談が多い?

様々な相談を受ける社会保険労務士ですが、特に多い問題は、就業規則に関するものだと言います。就業規則は、就労者と企業とを結ぶ大切な決まり事です。従業員が10人を超える事業所では、就業規則を届け出ることが法律で決められています。この就業規則は、企業側が独自に作成することも可能で、その場合は、市販の書籍やインターネットで調べて作成することになります。しかし、やはりプロの社会保険労務士に依頼する方が、しっかりしたものが出来上がると考えられ、作成を依頼する企業が多いのです。こうした責任ある仕事を任される社会保険労務士は、社会に貢献する重要な職種と言えます。

社会保険労務士の就業規則作成サービスを活用することで、企業の経営上のリスクも回避できます。また適切に労務管理が行えるので、業務の効率化も実現できます。

恵比寿の社労士を調査

Comments are closed.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー





Copyright @ 2016 Must Keep Up .All Rights Reserved.